こだわり米の専門店ニシオカ食糧
お問い合わせ・ご注文は
0120-041580 送料について
カートの中を見る
おこめアドバイザー雑穀エキスパート花乙女&ブランドヘルシーお米ギフト店舗案内かかしニュース
 
夏場のおこめの防虫対策は@ペットボトルを冷蔵庫に。Aコメビツにはタカノツメを。これでばっちりです。
 
 
鷹のツメ・鷹の爪夏場の虫対策、どうしていますか?
お米は、高温多湿の6月から10月の間が一番虫の発生しやすい時期です。室温が20℃を超えると虫の繁殖には最適の温度になります。美味しくお米を食べていただくには、夏場は1ヶ月で食べ切る量をお買い求めいただくのがベストです。
ご家庭でのお米の保存場所としては、米びつをお使いと思います。でも、その米びつが虫の発生の一番の原因なのです。米びつは計量には便利ですが、出口のところが一番虫の繁殖しやすい場所です。一度コメを米びつから出して出口を入念に洗浄し、よく乾燥してからコメを入れてください。
暑くなる前に、掃除するのがポイントです。これだけで虫の発生を抑えられます。米びつがキレイになれば、タカノツメを貼ってください。米びつ内に張り付けていただくと虫除けに効果があります。

お米の防虫タカノツメプレゼント!

 
保存方法として一番のお勧めは、お米をペットボトルに入れて冷蔵庫で保冷することです。
 

ペットボトルの口は小さいので、冷蔵庫から出した時に結露を最小限に抑えられます。
タッパーに入れて保冷している方もいますが、タッパーは表面積が大きいので、開けた時にお米全体が結露してカビの発生の原因となります。
表面積の小さいペットボトルがお米の最適な保存容器です。
ペットボトル1本には、約1,7kgのお米が入ります。
2本で3kg余りです。
夏場は5kgご購入して、2kgは常温で保存、3kgをペットボトルに入れ冷蔵庫に保冷するのがベストです。

 
 
麦は米以上に虫が付きやすいので、冷蔵庫での保冷をお勧めします。
「冷蔵庫がいっぱいでペットボトルが入らない」そんな方も多いと思いますが、エアコンの効いた室内で保管しても虫の発生を抑えられます。ペットボトルなら室内でも邪魔にならないのが嬉しいです。
今年の夏は、いや〜な虫を見ないで美味しくお米を食べてください。
 
 
 
Copyright (C) 2006 Nishioka Syokuryou. All Rights Reserved.